'xoops'タグのある記事

コミニティサイトの構築に役立ちそうなXOOPSを勉強しています。

最初はよくわからずXOOPS CUBE本体のみを
インストールしていたのですが、
後からディストリビューションパックなるものがあることを知り、
XOOPS Xのインストールを試みます。

ただ・・・InfitoPlus(IIS)サーバーだとうまくインストールできません。

1.06 for IIS, 1.03どちらも試したのですが駄目でした。

で、結局またInfinitoPlusのマニュアルに沿って、
本体だけ先にインストール、後からモジュール部分のみ
追加と言う流れで進めます。

以下はその時の手順です。
同じ環境の人がいたらご参考ください。

InfitoPlus(IISサーバー)にxoops x をインストールする

1)iSLEのマニュアルに沿ってまずはxoops cubeをインストール

2)下記より一応 IIS対応と書かれた1.06をダウンロード(1.03でも同じかもしれません)
http://sourceforge.jp/projects/xoopscube22x/releases/

3)DLしたファイルの中にあるxoops_trust_pathフォルダを
ドメインよりも上位の場所にアップ

4)iSLEのファイルマネージャーよりxoops_trust_path/cache を変更。
全てのユーザーの書き込み権限を「許可」にします。

5)サーバー上のtheme/ , module/ とDLしたファイルのtheme/ , module/ を比較し、差分をアップ。

6)なぜかxoops_trust_pathの設定をしないまま、インストールが完了しているので、
mainfile.phpファイルを下記の様に指定します。
D:/CustomerData/webspaces/webspace_0000000/wwwroot/xoops_trust_path

この時点で管理画面より「HypCommonの設定」を押すとエラーが出てしまったので、
6),7)の対応を行います。

6)下記よりHypCommonFuncをダウンロード
http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/156.html

7) DLしたファイルのhtml/ , xoops_trust_path/ それぞれをサーバーと比較し差分をアップ

8)取りあえず外観のテーマもpack2011,2012のものにしたい場合は、
管理画面の互換モジュール>テーマの管理 で切り替えを

尚、切り替えただけだとエラーが出ると思うので、
class/smarty/plugin に
function.user_uname2name.php をアップする必要があります。
(↑PHPファイルはネットで探せばでてくると思います。)


格安ホームページ制作は東京のD131へ。

ホームページ制作基本パックは10万円(税別)から。
オリジナルデザインでサブページも5ページまでお申し込み可能。

東京都の方は打ち合わせも可能です。

東京都近郊で打ち合わせをご希望の場合は、お客様の事務所へお伺いしております。

格安ホームページ制作・WEB制作のサービス詳細はこちら

ホームページ作成・WEB制作 D131

ページのTOPへ戻る