映画「127時間」 オフィシャルサイト

あらすじ
タフなヒーロー気取りで人と深く関わらずに生きてきたアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)。開放的な陽気さとクールな一面を合わせ持つ魅力的な 青年だ。ある金曜の夜、彼はいつものように1人でロッククライミングを楽しむため、慣れ親しんだユタ州、ブルー・ジョン・キャニオンに向けて出発する。それは、彼にとってどうということのない週末の過ごし方だったが、突然、過酷な運命が襲い掛かる。落石に右腕を挟まれ、狭い谷底から一歩も動けなくなってしまったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野に虚しく響き渡る。知識と経験を総動員して岩を撤去しようとするが、ガッチリと挟まった岩はピクリとも動かない。死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン・・・

 

以下、ネタバレ

 

「127時間」と言ってる辺り、これから観る人にとってもなんとなく結末が予想できる映画。けれど、エンディングまでテンポ良く飽きずに観られる。壮大な景色の中で一人奮闘する姿がまた孤独感を強調している。

ただ・・・・、えぐい。あのショッキングなシーンとともにある、

ビコォォォォォーーンンンンンン・・・・・

と言うレトロ?な感じの電子音がまだ頭から離れない。実際にはあんな音は出ないとわかってても、表現としては秀逸なんだろうな。すごく不快で内蔵がぎゅううっと締め付けられるような感覚。けど、それだけにその後のシーンが強烈に爽やかに映る。

飽きずに楽しめる構成や、ジェームズ・フランコの演技力等、もろもろいいところはあるはずなのに、僕にはその1シーンだけが勝ち過ぎてて、逆に他が薄れてしまう。


ちなみにこれは実話だそうで。最後に本人が登場しています。

その決断にスポットライトが当たったことは本人にとっても予想外だったのでしょう。失うことによって得るもの、その事故が気付かせてくれること、一つの岩が絡むこの出来事は人生の教訓めいてます。

誰にとっても自分の人生を思い返す、やり直す瞬間はあるのかもと思ったり。映画のような大きな局面でなくても、その瞬間にあなたが何を考え、どう決断するか、”今”それを考えることが先に繋がるかもしれない、そんなメッセージ性の感じられる作品でした。


格安ホームページ制作は東京のD131へ。

ホームページ制作基本パックは10万円(税別)から。
オリジナルデザインでサブページも5ページまでお申し込み可能。

東京都の方は打ち合わせも可能です。

東京都近郊で打ち合わせをご希望の場合は、お客様の事務所へお伺いしております。

格安ホームページ制作・WEB制作のサービス詳細はこちら

ホームページ作成・WEB制作 D131

トラックバックURL

http://blog.d131.jp/index.php/2011/archives_708/trackback/

コメント、トラックバック

まだコメントはありません。

コメントをどうぞ

ページのTOPへ戻る