新年早々、重い話ですが・・・他の同業者の方の参考にでもなればと言う思いを込めて投稿します。

いつかは巡り合うと思ってました。
ホームページを作っても料金を支払わないお客さん。

きっかけはホームページからの問い合わせ。
トントンと話は弾んでその会社からHP制作の話がきます。
他にも作って欲しいサイトがあるとのことで、
計3サイトの制作+6~8月の間、更新を担当します。

請求金額は60~70万。その内、半分(約30万)を回収し損ねました。

経緯を書くと・・・・

・うちは月に3回締日がある、支払いはその10日後と言われ同意する
・請求が確定した案件から請求書を発送
・早速支払いが遅れるので電話をする
ああだこうだと言い訳を言って支払いを待たされる
・そうこうしてるうちに未払いの請求書が溜まっていく
ああだこうだと言い訳を言って支払いを待たされる
・一部をやっと支払いしてもらえる
ああだこうだと言い訳を言って 支払いを待たされる

でどうなるかと言うと最終的にお客さんの方が面倒臭くなって、電話に出ない、メールに返事しない、となってフェードアウト。一方的に話を完結します。この手の売掛金 未回収の問題は、僕もネットで調べた限り、どこも似たり寄ったり。

裁判があるじゃないか!支払い督促すればいいじゃないか!

ここからが僕が言いたかった本質。そうです、ネットで調べるとこんな回答が返ってきます。
内容証明を書いて、それでも駄目なら裁判を起こすつもりで・・・・

いろんなサイトで書いてある通り、内容証明を出してみたが・・・

法人登記簿を調べます。相手企業 代表の実家と思われる住所を確認。
ネットで調べて、内容証明を作り、郵送します。

ところが・・・・

・・・

・・・

なんの反応も無し。無視です。

徹底抗戦するべきか・・・でもそこで一つの疑問が

ネットに書いてある手順に従うなら次は裁判。でも疑問が起こります。

勝ったらどうなる?

僕自身「え?」と思うような疑問。
勝てたとしても相手が支払うとは限らないという事実。
相手の預金口座を差し押さえるなら、その口座を知り得る必要があると言う事実。
やっとの思いでその口座を調べたとして、
相手が「やばい!」と感づいてお金を移動していたら、
その努力も何の意味も成さないと言う事実。

僕は上の事実を知ってあきらめました。

結果的にどうなった?

アホか!って言うぐらいやきもき・悶々とすることに時間を奪われました。もちろん、どう対処するかと言うことを調べるのにも多大な時間を。神経をすり減らして、精神的にも相当参りました。気付けば腹痛がひどくなって病院にも行きました(結果的に神経性の一時的なもので済んだ)

苦行を強いられた期間はおよそ半年。

あきらめることも一手だと身をもって実感。ただ、その一方であきらめることを今か今かと待ちわびている様な輩がいることも事実です。また同様の被害があったら?そう考えるとその時の対応にまだ答えは見出せず。

なんにせよ、トラブルを呼び込みそうなお客さんの仕事を請けない!
と言うのも一つの選択だなと感じています。


格安ホームページ制作は東京のD131へ。

ホームページ制作基本パックは10万円(税別)から。
オリジナルデザインでサブページも5ページまでお申し込み可能。

東京都の方は打ち合わせも可能です。

東京都近郊で打ち合わせをご希望の場合は、お客様の事務所へお伺いしております。

格安ホームページ制作・WEB制作のサービス詳細はこちら

ホームページ作成・WEB制作 D131

トラックバックURL

http://blog.d131.jp/index.php/2011/archives_326/trackback/

コメント、トラックバック

1: わたしも! 2013年05月04日 23:16

こんいちは!
当方も踏み倒しを受けました。とにかく下請け叩きに何度かあいました。
この業界で15年やって、今回3度目でしょうか、法テラスから紹介いただいた、
ひまわり法律相談で実に丁寧に無料で30分教えて頂きました。
低額訴訟があることや、自分の場合きわめて小額の案件だったので、5000円で行えるのですが、
自分の場合相手企業がミスを犯した段階から、無視が続いて踏み倒しが懸念されたため、
応答させるために、
相手企業の掲示板に事実を書き込みしてしまったんです。

この行為で相手はこちらを(事実であっても)営業妨害だと逆に攻めたてる材料を与えてしまい、
訴訟を起こすか悩んでいます。
弁護士さんは大概自分たちの社会的対面や裁判時には相手側も多額の弁護士費用や時間コストを費やすよりも
支払いに応じる可能性が見込めるだろうといって頂いたのですが、、、
この件改めて法律相談を同じところかどこかで受けようかと思っています。5000円払ってでも。

私もフリーランスでWEBシステム開発の仕事しているのですが、
機能要件の開発実態のまったく無い似非IT企業を名乗る業者があまりに多く、
それら業者が機能開発案件おも、馬鹿げた見積もり価格で受注してしまい、
(お客さんは安いかどうかだけで業者を選定してしまいますから)
結果あるべき価格ではない価格で受注し、自分たちで開発できない要件だけ下請けに回すなどがずっと起きています。

単なるデザイナーだけの会社は機能要件を含む案件を受注しないでいただきたい。
持ち屋は持ち屋に任せて頂きたい、
WEBシステム開発そのものの価格帯の崩壊は、そんな業者が、お客さんを騙し起こしています。
結果お客さんにとっても良いこと一切ないです。
システム開発はそれなりの価格帯が守られないといけないはずです。
何とか開発実態の無い業者はそんな案件を請け負う事を禁止する法律が必要と思います。

2: D131 - uchida 2013年05月05日 22:05

興味深いお話ありがとうございます。

同じ同業者の間でもそう言った問題が起こってしまうのは悲しいですね。

私も少なからず制作会社さんからご依頼を受けるのですが、
どう言った意向で下請け先を探されているかは、
かなり気になる部分だったりします。

安くより働いてくれるところを探すのは分るのですが・・・
対価とのバランスがなかなか難しいところです。

3: 匿名 2013年11月15日 19:44

私も同感です。
システム開発できない業者が何も解らず激安な価格で見積もりを行い受注し、
まっとうなシステム開発業者はまっとうな金額で受注できない世の中になってきています。
悲しい。。。

4: 匿名 2014年02月26日 11:37

裏からかためるんですよ。ですので、それなりのネットワークを持ておく必要があります。あそこの会社は料金を踏み倒す会社なのか、しかるべき人に聞いて回ればいいだけです。

コメントをどうぞ

ページのTOPへ戻る