Google AdWords(アドワーズ)とYahoo!リスティング広告1からの続きです。

前回の記事:Google AdWords(アドワーズ)とYahoo!リスティング広告1

電卓をぱちぱち叩きながら、苦い顔で計算します。

人気キーワードではなく、マイナーなキーワードで狙ってみる

例えば「ホームページ制作」ですが、実はたくさん類語があります。「ホームページ作成」や「HP制作」「WEB制作」など。僕は最も低い単価のものをいくつか設定しました(それでも1クリック 40円,50円くらいします)。使い方を知る必要もあったので、一日の予算は少なめで1ヵ月かけて予算 5000円を使うぐらいの設定にしました。

結果は?

ここが一番肝心なのですが、ごめんなさい。僕の事業形態では判断ができません。お問い合わせが幾つか来たり、実際にご依頼があったものもあるのですが、それが広告経由がどうかの判断材料が無いです。また検索エンジン経由としても、スポンサー欄からなのか、検索結果からなのか確認を取るのは難しそう。

この辺りは広告出稿されている他の方がいたら是非聞いてみたいところ。

Google AdWords とYahoo! リスティング広告の違い

キーワードの単価設定で金額の参考価格が表示されますが動作は異なります。Googleの場合は「First Page Bidの見積もり」 これは1ページ目に表示させたい場合の金額の目安。Yahooの場合は「掲載オフ-入札価格が低い」と表示されます。Yahoo!は入札価格が低いと出て いる場合は、完全に表示されません。

Yahoo!の場合は表示されませんと書きましたが、Googleの場合はFirst Page Bidを下回っても表示される場合があります。それは2ページ目(検索結果の11件~20件)の場合です。正攻法で行く場合は、アクセスアップのために単 価を上げて、掲載順位を上げましょうと言うことになりますが、少しでも切り詰めたい方は単価を表示されるぎりぎりまで下げてもいいのかと思います。(但 し、下げれば下げるほど表示数、クリック数も下がります。)

あとGoogle AdWordsの方が配信する時間帯や曜日指定が設定出来ました。一方でキーワードをいろいろ調べてみるとYahoo!リスティ ング広告の方が低い場合も?

総評

僕の場合は結果の判断が難しいと書きましたが、同様の業態の方もいるかと思います。

それでも、もしお客さんから、AdWordsやリスティング広告はどうか?と聞かれればお勧めしてみてもいいかなと思っています。

やはり最初に、5000円、10000円程度の費用で広告の成果を確かめることが出来るのは大きな魅力だと思います。見極めが難しければ、継続的に。僕も切実な内情ですが、仕事が空いた際には、広告を再掲載して、もう少し検証を続けてみようと思っています。

Google AdWordsを使う場合はGoogle Analyticsの併用を

僕は自分のサイトのアクセス解析にGoogle Analyticsを使っています。AdWordsを使う方は併用をお勧めします。広告を出している間は当然、アクセス数が伸びますが、その内の何%が AdWords経由でその何%のユーザーが何ページ閲覧したかと言った詳細な情報が手に入ります。Yahoo!リスティングについては、Google Analyticsで解析できていたのか、僕はちょっと疑問です。


格安ホームページ制作は東京のD131へ。

ホームページ制作基本パックは10万円(税別)から。
オリジナルデザインでサブページも5ページまでお申し込み可能。

東京都の方は打ち合わせも可能です。

東京都近郊で打ち合わせをご希望の場合は、お客様の事務所へお伺いしております。

格安ホームページ制作・WEB制作のサービス詳細はこちら

ホームページ作成・WEB制作 D131

トラックバックURL

http://blog.d131.jp/index.php/2010/archives_194/trackback/

コメント、トラックバック

1: Google AdWords(アドワーズ)とYahoo!リスティング広告1 | D131 Blog 2010年05月17日 23:08

[…] 続きます。 Google AdWords(アドワーズ)とYahoo!リスティング広告2 […]

コメントをどうぞ

ページのTOPへ戻る